資産形成

スポンサーリンク
資産形成

「おまかせNISA」~【ウェルスナビ】でNISA口座が開設できます!~

僕も利用しているWealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーに丸っと投資をお任して、放ったらかしにできる便利な投資です! そのウェルスナビで「おまかせNISA」の取り扱いが始まりましたが、利用できるのは「一般NISA」で「...
資産形成

「投資信託」と「ETF」は何が同じで違うの?あなたが投資すべきはどっち?

「投資信託」は「ファンド」とも呼ばれ聞き馴染みがある人も多いと思います。 一方「ETF」については、僕は実際に投資を始めるまで知りませんでした。 ETFも投資信託の一種ですが「Exchange-traded Funds(上場投...
資産形成

投資初心者が始める投資の基本は「長期」「積立」「分散」、安定した資産形成を目指しましょう!

米国では【ロビンフッド】という投資アプリを使って若者がゲーム感覚で投資をしています。 彼らは長期保有による安定的な資産形成というよりも、短期的に売買を繰り返すことでキャピタルゲイン(売買差益)を狙う投機的な投資の傾向が強いと思います...
資産形成

【ウェルスナビ】「ロボアドバイザー投資」の運用報告1ヶ月目。収支について報告します。

僕は基本的な資産運用はつみたてNISAと米国株ETFですので、ウェルスナビでは最初の最低投資額10万円がどのように推移していくのかを見守っていくつもりです。 ここから積立投資で更に投資額を増やしていく予定はありません。1か月毎の運用...
資産形成

インデックスファンドの目論見書にある「為替ヘッジあり、なし」ってどういう意味!?どちらを選ぶ?

好調な米国株式や全世界株式インデックスファンドが気になっている人は多いことと思います。 皆さんは投資対象を検討する時に「目論見書」は見ていますか? 「米国株式や全世界株式を買っていれば、長期的には間違いない」という話が多いので...
資産形成

投資アプリ「ロビンフッド」って何?!若者を取り込む売買手数料無料の投資スマホアプリ!

Twitterでちらほら見かけていた「ロビンフッド」という言葉を僕がきちんと理解したのは、とあるニュースでした。 そのニュースは「米国の若者がロビンフッドを使ってオプション取引をして、多額の損失を出したと勘違いして自殺してしまった」...
資産形成

2024年に新・NISAがスタートします。2階建て制度とは?3種類のNISAの改正点について説明します。

現行のNISAは全部で3つ「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」がありますが、2024年にNISAの制度が変わります。 ジュニアNISAは2023年で終了つみたてNISAは5年延長一般NISAは「新・NISA」とし...
資産形成

bitFlyer が仮想通貨積立サービス「bitFlyer かんたん積立」の提供を開始!積立設定もとっても簡単!

過去にビットコインにドルコスト平均法が有用なのかという記事を書きました。 あわせて読みたい ドルコスト平均法は「買入金額を一定にすることで、安い時に口数を多く買い、高い時に購入口数を減らす」ことにより、結果として「購入...
資産形成

【ウェルスナビ】「ロボアドバイザー投資」の運用開始!開始時のポートフォリオ公開&各銘柄チェック。

「ロボットアドバイザー投資」で人気のウェルスナビで資産運用を始めました。 僕は基本的な資産運用はつみたてNISAと米国株ETFですので、ウェルスナビでは最初の最低投資額10万円がどのように推移していくのかを見守っていくつもりです。 ...
資産形成

【ウェルスナビ】申込手順、登録方法について。とっても簡単、スマホで全て完結!

証券口座を作るのって、申込み書類を取り寄せて到着するのを待ち、到着した書類にいろいろ書いたり、マイナンバーカードをコピーして切ったり貼ったり、封緘してポストに投函したり。 何かと作業が面倒くさいですよね。 「ロボアド投資」で人...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました