【米国高配当株ETF】、今【SPYD】は買うべきなのか

スポンサーリンク

僕が2020年8月11日に初めて購入した高配当株ETFの一つが『SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF(SPYD)』です。

なぜこの銘柄だったのかというと、少々配当が高いETFを持ちたいなと思ったからです。

その後なかなか浮上しない【SPYD】について現状を確認します。

🔹こんな人へおすすめの記事
高配当株ETFに興味がある
どうしてSPYDが浮上してこないのかな
今SPYDに投資してもいいのかな

SPYDの概要(2020/9/16現在)

  • 運用会社 ステートストリート
  • 設定日 2015年10月21日(若い!)
  • 純資産総額 20.7億米ドル
  • 経費率 0.07%
  • ファンドの配当利回り 5.93%

【SPYD】はS&P500高配当指数のトータルリターン(経費控除前)に概ね連動する投資成果を上げることを目指す高配当株ETFです。

S&P500高配当指数とはS&P500指数構成銘柄のうち、配当利回り上位80銘柄で構成される指数です。

つまり【SPYD】を持てばS&P500の中の配当利回りトップ80の企業に丸っと投資できるイメージですね!

参考:SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF

SPYDの現状 – 浮上しない3つの理由

参照:楽天証券マーケット情報

2020年3月のコロナショックからなかなか立ち直ってきません。かたや目標としている指数であるS&P500は順調に右肩上がりになっていて、連動できていません。

参照:YahooFinance

よく比較される【VYM】(バンガード・米国高配当株式ETF)と【HDV】(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)とチャートで比べても、コロナショック時の下落度合いも大きく、そこからの回復も【SPYD】だけが遅れています。

【SPYD】は80も銘柄で構成されているETFなので低調の原因特定は難しいですが、よく言われている原因については以下のものがあります。

  • 騰落率において下げ幅の大きい不動産、金融、エネルギーがセクター比率で50%超を占めている。
  • 一方で市場のけん引役である情報通信は9%、ヘルスケアは2.35%しか含んでいません。
  • 80銘柄で均等加重平均なので、時価総額が大きい企業も小さい企業も同じ影響力を持つため。

また、設定年が2015年と歴史が浅いので、今後の増配率やトータルリターンについては未知数なところも不安要素ですね。

分配利回り比較、分配金実績の昨年との比較

分配利回り2020年6月2019年6月増減率
V Y M4.10%$0.83680$0.62470↑33.9%
H D V3.54%$0.879497$0.750368↑17.2%
S P Y D5.93%$0.365715$0.461955↓20.8%

【VYM】【HDV】と比べると分配利回りの高さに特徴があるのが【SPYD】ですが、コロナショックを経て分配金自体は20%以上の減少幅となっています。

とはいえ、分配利回り自体は6%近く、変わらず高配当となっています。

最後に

高配当株ETFは長期保有することが前提だと僕は考えていますので、短期的な騰落に狼狽する必要は無いと思っています。

高配当株の集合体であるETFなので減配することはあっても、個別株が持つ無配リスクは回避できます。

SPYD経費率0.07%というのも長期保有には向いています。

減配の憂き目に遭ったとしても、分配金を更に投資に回すことで複利の効果も活用できます。

SPYDに投資を検討しているのであれば、短期的な値動きには一喜一憂しないで複利運用も交えて、長期保有をしていきたいですね。

現在もSPYDはコロナショック前の水準まで株価を戻せない状況が続きますが、これを買い増しのチャンスととらえている人もいます。

ちょうど9月の配当の情報が出てきていますが、分配金が大幅に減配となる見込みなので、逆に手放すタイミングかと考えている方もいます。

買い増すにせよ手放すにせよ、大切なのは投資に対する各人の考え方やスタンスです。
自分の投資の目的にSPYDが合っているかどうかを考えるにあたり、この記事が役に立てばと思います!

SPYD】を始め高配当ETFは基本的には定期的な買い増しをすることは出来ませんが、【SBI証券】では定期買い付けが可能です。
ただし分配金の再投資は手動で設定が必要です。

まずはSBI証券で口座開設を申し込んでみましょう!手続きはとても簡単ですよ。

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

以上、エンティでした!Nice meeting you & Have a great day!!

関連記事  【SPYD】は脇役、資産の主役は『インデックス投資』!投資の基本は「長期」「積立」「分散」

コメント

タイトルとURLをコピーしました