【グローバル・フィンテック株式ファンド】楽天証券のロボアドバイザーおすすめファンド【初心者向け】

スポンサーリンク

僕がインデックス投資を行っている楽天証券に、投資初心者向けの投信ロボアドバイザー”ロボのぶくん”がいます。

彼は初心者が何を買えばいいのかを簡単診断してくれるということで、3つの質問が用意されています。

わざと積極的な回答をしていくと「チャレンジ精神旺盛なあなたには」ということで、シャープレシオ(1年)の高い順「為替ヘッジなしの海外アクティブファンド」を勧めてもらいました!

トータルリターン
1年
トータルリターン
3年
シャープレシオ
(1年)
グローバルフィンテック株式ファンド81.23%29.51%1.67
グローバルフィンテック株式ファンド
(年2回決算型)
80.15%29.13%1.65
ダイワ・チャイナ・ファンド53.16%10.6%1.62
JPMチャイナ・アクティブ・オープン52.77%15.31%1.58
世界eコマース関連株式オープン57.48%18.94%1.5

シャープレシオ

1リスク単位に対するリターンを算出し、リスクに対しどれだけのリターンを得たのかを示す、リスク調整後リターンの代表的な指標のこと。シャープレシオは一般的に以下の式で求められる。

シャープレシオ=(リターンの平均値-無リスク資産のリターン)/リターンの標準偏差

シャープレシオの値が高ければ、リスクを抑えながらも高いリターンを得た、効率的なファンドと言える。

引用:投資信託協会 用語集「シャープレシオ」/https://www.toushin.or.jp/words/keyword/2597/

シャープレシオとは投資信託の運用成績を測るための指標です。

単純にリターンを比較するのでなく、そのリターンを得るためにどの程度のリスクを取ったかを計測するものです。

リターンが同じであれば、取ったリスクが小さいほどシャープレシオの数値は大きくなる。
取ったリスクが同水準であれば、リターンが大きいほどシャープレシオの数値は大きくなる。

シャープレシオが高い方が「効率よくリターンを上げたファンド」だということです

ロボのぶくんオススメのシャープレシオ(1年)1.67の【グローバル・フィンテック株式ファンド】がどういうファンドなのか見ていきましょう!

グローバル・フィンテック株式ファンド

グローバル・フィンテック株式ファンド

商品名:グローバル・フィンテック株式ファンド

商品分類:追加型/内外/株式

投資対象地域:グローバル

投資形態:ファミリーファンド

信託期間:2016年12月16日〜2026年12月7日

信託金の限度額: 7,000億円

目的:主として、日本を含む世界の金融商品取引所に上場されているフィンテック関連企業の株式に投資を行ない、中長期的な信託財産の成長をめざして運用を行ないます。

引用:グローバル・フィンテック株式ファンド交付目論見書
https://www.nikkoam.com/files/fund_pdf/643335/file/643335moku.pdf

FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融をIT技術の組み合わせによって革新的なサービスが次々と生まれています。
スマホ決済、仮想通貨やクラウドファンディングなどもフィンテックの代表的なサービスです。

引用:グローバル・フィンテック株式ファンド交付目論見書
https://www.nikkoam.com/files/fund_pdf/643335/file/643335moku.pdf

組入銘柄トップの「スクエア」は決済システムを提供している米国フィンテック企業です。「メルカドリブレ」は中南米の大手eコマース企業、「ジローグループ」は全米最大不動産情報サイトの運営企業です。
「アップル」「ペイパル」は言わずもがな日本でも有名企業ですね。

米国のフィンテック関連企業が7割近くを占めていますので、少なからず米国経済の影響を受けそうですが、米国株式が順調な昨今、グローバル・フィンテック株式ファンドに限った話でもないですね。

グローバル・フィンテック株式ファンドのデメリット

信託報酬が高め

信託報酬が年1.925%と高めの設定です。

市場の平均点を狙うインデックスファンドとは異なり、平均を上回る運用を目指すアクティブファンドなので、信用報酬がインデックスファンドのそれと比べて高めなのは、かかる手間や人手を考えると致し方ないです。

「シャープレシオが高いファンド」だという事実と併せて、信用報酬の高さに納得できるかどうかですね

旬の見極めが難しい

「フィンテック」というテーマが果たして今後伸びていく分野なのかどうか、その見極めが難しいところだと思います。

最後に

ロボのぶくんに、要するに「積極的なファンドを選んでほしい」とお願いした結果出てきたのが、シャープレシオの高いアクティブファンド【グローバル・フィンテック株式ファンド】でした。

シャープレシオの高さだけで選ぶのではなく、「フィンテック」というテーマの他のファンドのシャープレシオと比較をしたり、リターンも含めて総合的に判断していきましょう。

また自分の投資目的に合っているかどうかも、ファンド選びにはとても大切です
特にリスクの高い商品選びは自己責任の上、慎重に!

老後資金、教育費など投資の目的は人によって様々だと思いますので、投資の正解というものはありません。自分の投資計画・投資目的に合ったリスク、リターンなどをしっかり検討していきましょう。

以上、エンティでした!Nice meeting you & Have a great day!!

僕は積立投資信託を「つみたてNISA」の非課税枠を活用して楽天証券で運用しています。メニューも使いやすく、取扱商品も多くてオススメです!

関連記事  【SPYD】は脇役、資産の主役は『インデックス投資』!投資の基本は「長期」「積立」「分散」

コメント

タイトルとURLをコピーしました